映像制作

映像制作は映像感覚にもとづいて制作する事が基本となっておりますが、
最も考えなければならないのは、お客様の希望に沿った考えを交えた、客観的な作品づくりです。
なぜなら、お客様は出来上がった作品を一般の人に見て頂く事になりますので大衆性は必要です。
独断と偏見に満ちた作品は少数派であり、大衆という多数決で理解される作品が求められると考えます。
あたりまえですが、作品づくりは一つひとつを丁寧に仕事をすれば優れた映像作品を完璧に近づけると思っています。
それは微細な感覚を研ぎ澄まし、繰り返し見直し編集を行う事が必要と考えています。
時間はかかりますが、出来上がる作品は必ず、お客様を満足させる作品になると思っております。
そうすることで結果的には技術力の向上に繋がると常に考えています。
即ち、作品創りに惜しみなく力を注ぎ込む事です。

撮影機材

現在、映像制作はハード・ソフト共に発達し、高解像ビデオカメラ4K、6Kに一眼レフのレンズが使われています。
それらDSLR機材を使用し、その効果は映画のような映像を表現しています。
またドローン空撮による映像も上空を自在に操ることでこれまでにない映像空間を表現しています。地上では人の技では難しいカメラ振れを電子的に押さえたジンバル機器がまさに手軽なクレーンを担っています。
映像造りの背景にはこのような進化した機材を使うことにより、私共、小規模制作会社でも低コストで本格的な映像に近づく事ができるようになりました。

映像作品

映像作品は流行という観点から見れば時代の流れに沿っていかなければならず、スタイルとして流行に合わせた模倣も必要となってきます。
多くの人がテレビや映画を観て時代の流れを感じているので、それに合わせて映像スタイルを流行に合わせていく必要があると思われます。
流行とは違う意味で創造は映像制作に限らず、すべてに於いて何も無いところから作成する事は難しいと思われています。
ある学者は「創造は記憶に無い物は造れない」と言っています。そうであるならば模倣という言い方が悪くてもすべての作品が模倣によって造られていることになってしまいます。
全く同じ作品をコピーするのは法律に触れますが、部分的な演出や撮影技法はシーンとして模倣されているのをよく見かけます。
どこまでが流行として模倣が許されるのか判りませんが、誰しもが何かをヒントに創り上げている事は過去の似たような作品から伺えます。
これらの事を考えると当然、私共も時代の流れに合わせ模倣が許されたオリジナリティ作品を創りあげる事が必要となってきます。

Copyright(c) 2024 videoforest. All Rights Reserved